会社案内

COMPANY

経営理念

誕生の経緯

魅力的な業界にしていくための、「塗伝心」という経営理念

 会社を変えるために、私が最初に行ったことは、経営理念をはっきりと掲げて、経営方針を立てることでした。するとどうでしょう、はっきりとそれ以後、ここ五、六年、経営が改善され業績もアップしてきたのです。

 そうして業績改善していくと、お客さんからの推薦状である「太鼓判」(ホームページに公開しています)がたくさんもらえるようになってきました。この太鼓判は、私たちの会社を挙げてとりくんでいる「見える化」のひとつの成果でもあるのですが、日々行っているや考えていること、そしてお客様からいただいたお薦めの言葉やお叱りなどを、会社内外にすべてさらけ出して「会社の透明性」に努めているのです。そのなかで、「お客さまからの声」をいただきホームページに掲載して公開しているものです。

 塗装というのは、塗料の良し悪しはもちろんありますが、それを塗る職人の技術が命なんです。その報酬としてお客様は工事費を支払ってくれるわけです。そこはやはり人間同士の信頼関係をつくることが大切だし、お客様と我々塗装業者がウィンウィンの関係でなければならないと思うのです。それが私が会社の理念として掲げた「塗伝心」(塗って伝える心、塗って伝わる心)ということなのです。それは、若者たちが、この仕事の中で自分の人生のビジョンをしっかりと持てる、魅力ある企業にするということでもあります。

 そうしなければ塗装職人を目指す若い人が入ってきてくれませんし、いい職人も育っていかないのですから。「キツイ」「きたない」「危険」のいわゆる「3K」職場といわれるこの業界を、将来的に一生の仕事として誇りを持ってやっていけるものにしていかなければならない。そのためには、職人さんの次にランクアップしたポストなり職制や塗装マイスターなどの資格をつくっていかなければいけないと思い、そのために動いています。

 それが、次にご紹介する当社の経営理念にすべて入っています。喜びの種を蒔いて、価値ある日本の未来をつくっていく、そんな想いでいま私は会社を運営しています。

経営理念

心の叫び、経営・事業ビジョン達成のための根本
塗って伝える心 塗って伝わる心 塗伝心
ウイングビルドの使命・存在意義

(1)人として幸せに輝き喜びの種を蒔き日本の価値ある未来をつくります

(2)私たちウイングビルドは、地域に根付く職人仕事と日本の心を守り、美しい住まいづくりで夢の担い手の担い手となり笑顔を伝えていきます

(3)塗伝心ブランドで人々の暮らしを彩っていきます

経営ビジョン

ウイングビルドの進む道、そして目指すべき姿

(1)塗伝心で若者たちがビジョンを持てる魅力あふれる企業になります
社員はウイングビルド経営指針に共鳴した人材のみとします

(2)コミュニケーションをもち絆を深めビジョンを達成できる企業となります

(3)塗伝心で地域に必要な企業となります

(4)塗装専門店としての誇りと知恵と経験でお客様に心から信頼される企業となります

(5)取引先と強いパートナーシップを結び、塗装プロフェッショナルとして共にお客様満足を実現する企業となります

(6)全社員フィールドにおり「参加型」「繁盛店思考」企業となります

(7)日本塗装職人の会のビジョンと共に育みスーパーリフォーム店となります

(8)人々に愛されるリーディングカンパニーとなり、塗装業界を日本で一番魅力的な業界にデザインします

(9)施工力、受注力、地域社会と想いを融合し、事業利益を社員還元・社内留保・社会還元していきます

ウイングビルドの社風づくり

お客様への5つの誓い

第1条:愛:大切な家族と同じ様にお客様を愛します

第2条:信頼関係:信頼関係を大切にします

第3条:情熱:情熱は誰にも負けません

第4条:健全経営:健全経営を心掛けます

第5条:日本の心:日本の心を忘れません

社風づくり
第1条「素直であること」
自分自身、家族、仲間、会社、そしてお客様の慶ぶ顔を思い浮かべれば自然と素直になれる。そして、何事も真剣に考えて取り組めば、それがすべて慶びになり、人から頼りにされる。頼られる人間は、皆、リーダーである。
第2条「好奇心旺盛であること」
仕事は、何のためにするものか?「自己実現のため」「家族のため」「生活のため」「会社のため」「お金のため」…せっかくやる仕事なら”楽しくやらなきゃ損”。
何にでも興味を持って、果敢にチャレンジしよう。
第3条「忍耐力があり、諦めないこと」
挑戦は、成功の母である。しかし、まずは、「必ずできる!と自己暗示をかけて本気で取り組む」、この順番が成功への道である。そして、一度取り組み始めたら絶対に諦めない、そのためには常に「心・技・体」の努力を怠らない。
第4条「準備を怠らないこと」
準備とは=「考えること」。人間は、考えれば、できないことはない。考えて、考えて、考え尽くす。これが「準備」である。そして、その後は、一心不乱に突き進む。この行動の積み重ねが、Goodタイミングを導く。「千里の道も一歩から」
第5条「几帳面であること」
ウイングビルド精神の几帳面とは、こういうこと。
  1. 01.職人魂

    お客様への思いやり、仕上げへの責任、約束を守る。
    匠の技を磨く、できないは言わない。

  2. 02.整理整頓

    2通りある。
    ①身の周りの整理整頓、②頭の中の整理整頓。
    お客様に慶ばれるし、自身も良い人生が送れる。

第6条「気配りができること」
 「笑顔」は相手への最高の気配りである。自分が見せれば、相手が安心し、相手が見せてくれれば自分も安心できる。「笑顔」を見せるためには、相手への思いやりが何よりも大切。そのためにも、仲間との助け合い、次の人がわかりやすいように次工程を考えて仕事を効率化する。
第7条「夢を持ち、目標を高く設定することができること」
 夢は、仲間同志で堂々と口に出して語り合おう。十回口に出すから「叶う」という。
そして家族を幸せにするために目標を高く掲げる。そうすれば「責任感が出る」「無理をしない」「悪事に手を染めない」みんなが幸せになれる。