お役立ちコラム 2020.06.16

家も人も遮熱対策。 夏を涼しく快適に!

「塗装」でできる暑さ対策は、遮熱・断熱がポイントです。 梅雨に入り、温度や湿度や急上昇。特に今年はコロナ感染症の影響でマスクを着用しているのでいつもの夏よりも暑さ対策は特に必要です。 真夏の屋根の表面はどのくらい温度が上がるかご存知ですか。 何と80℃以上に達するのです。屋根とお部屋の天井の間には小屋裏があるといっても、熱は確実に部屋の中に伝わります。お部屋が暑くなるのは当然です。   特にこんな方は ・屋根裏部屋を子ども部屋や荷物置き場にしているので、夏の暑さが気になる ・小屋裏がない勾配天井で、2階の部屋の暑さに悩んでいる ・日が暮れた夕方まで部屋中が熱い など、外壁塗装で遮熱塗料や断熱塗料を検討してみてはいかがでしょう。 ①遮熱塗料を屋根や外壁に塗ると太陽光を反射し、表面温度や室温の上昇を抑える。 ②その結果、電気代が節約でき、建物の劣化を抑えられる。 ③一般的な塗料と比べ、2%ほど費用がかさむが、遮熱効果で十分に回収可能(10%から20%程度の節電効果があると考えられる)。 ④コストだけではなく、5年後、10年後の住環境も左右する。   ●遮熱塗料(高日射反射率塗料)はその性能や実績が認められ、国や自治体の省エネ・環境対策技術のひとつとして、様々な施策の助成金等の対象商品に選定されています。 遮熱塗料でCOOLリフォームを! 次回は、当社職人の熱中症対策です!   遮熱・断熱塗料についてのご質問は、

遮熱・断熱塗料のご相談は0120-45-7775(担当:神崎(かんざき)、奥田)迄

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ